あじさいどうでしょう(ブログ) ミッション

ドライフラワーやプリザーブドフラワーってどこで売ってるの?


ドライフラワー?

プリザーブドフラワーって何?

そもそも、どこで売っているの?

 

長い間お世話になっている
花材業界にいて、
知人に自分の仕事を紹介する時に
よく、こんな質問をされます。


最近の自然派嗜好、
ナチュラルブームで、
雑貨店さん等でも、
ドライフラワーの束ものを
販売されたりしているので、


だいぶ身近になってきた
イメージはありますが、


それでも、そうした花材を
専門で販売しているお店は
あまりありません。



花材業界とは、いわゆる
花に関わる商材、しかも
特に、生花以外のものを
取り扱うニッチな市場。



造花・ドライフラワー、
プリザーブドフラワー、
それらを飾るための
器、リボン・ラッピング、


その他あらゆる
「花」に関わる商材を
扱う市場です。
 


利用されるのは、
主に、花屋さん、
フラワーデザイナーさん、
フラワー教室の先生、


また、ディスプレイ業者さんや
ギフトアレンジの製作会社さん、
などなど。



ただ、これらの花材商材が
普通に生活している人の
目に触れることは
ほとんどありません。



一番多くこうした花材を
取り扱っている
一般のお店は、


ホームセンターさん
かもしれませんね。
 


といっても、そこには
メーカーがパッケージした
ドライフラワーや造花、
陶器やリボンなどが
ただ、置いてあるだけ。



紹介してくれる店員さんも
いなければ、どのように
作られたものか、
どんな風に使うのかを
教えてくれる人もいません。
 


そもそも、在庫を残さないよう
売れ筋の商材しか
置いていないという
お店も多々あります。



素敵な自然素材や商品が
たくさんあるのに、
多くの方の目に止まることのない
閉鎖的な市場。


それが、この
花材の業界の実情なんです。

 

もちろん、最近では、
インターネットを通じて、


花材問屋さん自体が、
また、小売店さんも
花材を紹介するお店が
増えてきました。


花材問屋さんの中には、
一般の方にも、
販売してくれる
お店もあります。



それでも、
あくまでも、
プロユースとしての売り方。



商品や買い方を、
知っている人が
安く買うためだけの
販売方法だったりします。



なんとか、
この現状を打破して、
もっと多くの方に、


自然素材を始めとした
「花材」を扱うことの
楽しさをお届けできないか


それが、今の私の
目標のひとつとなっています。



数年前から、
あじさいをはじめとした
自然素材の小分け商材の
販売もしています。



通常のメーカー仕様の
パッケージでは、
使うのに多すぎたり、
「価格が高い」という
デメリットがあるんです。



仕様や価格も含め
より「手に入れやすい」
状態にしていくことも
これからの課題ですね。




実際に商品を見ることができるのは、
埼玉県所沢市東所沢の事務所にある
ミニミニショールームだけなのですが、


まずは、ネットでの販売を中心に
様々な自然素材やたのしい商材を
ご紹介していく予定です。



また、こちらのブログをはじめ
SNS等でも自然素材の面白さを
どんどんご紹介してまいりますので
楽しみにしていてくださいね。


それでは。



〜今日もおすすめ!〜


イタリア産のミモザ・ディアルバータ
は、ほぼ完売となってしまいました。

今年は、ミモザ人気がすごいです。

通常のミモザ・アカシア(イタリア産)は
まだ在庫ございますので、大丈夫ですよ!

といっても、おそらく市場でも
2月上旬ころまでの流通との予想です。
(それ以降は、花が悪いものが増える)



とってもきれいな黄色ですよ。

レジン・アロマワックス・ハーバリウムを始め
商品の撮影こものとしても、
大活躍のミモザ・アカシア
あじさいやにて、大好評販売中です!!

ショップはこちら↓


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

あじさいや

ドライフラワーをはじめとした様々なお花資材を扱う自然素材専門店。プリザーブドフラワーや花器、ハサミ等の副資材、そして生花も少し扱っています。フラワーデザイナーさんや、これから作家を目指す方が楽しく充実した仕事を行えるように応援するのが目標。ちなみに、あじさいが大好きなので、あじさいのラインナップはちょっと多めです。

-あじさいどうでしょう(ブログ), ミッション

Copyright© あじさいや , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.