あじさいどうでしょう(ブログ) 花材業界あれこれ

流行や流布におどらされずに・・・

先日、スーパーに
買い出しに行ったら
マスクが、まったく
棚に無い状態。



さいわい、私はまだ
花粉症は発症して
いないのですが、



今の季節、
マスクが無い状態は、
死活問題と、花粉症の友人に
聞いたことがあります。




政府答弁でも、
週に1億枚の生産体制に
入るとかなんとか
言っておりますが、



まずは、買い占めに対する
規制をしたらどうでしょうと
思うのは私だけでは
ないと思います。



それも、これも、
新型コロナウイルスの
国内感染が広がる中、
高額での転売目的の購入が
大きな原因とのことですが、

 

たしかに、
需要のある時に、
商品を仕入れて
利幅を乗せて販売するのは
商売の鉄則・・・。



なので、一概に、
否定はできませんが、



それでも、困っている人や、
人の弱みにつけ込んだりするのは
いかがなものかと
思っちゃうんですよね。





これ、規模は違うんですが、
一昨年から昨年春くらいまでの
我々、花材の業界にも
あったできごと。



いわゆる
ハーバリウムブームという
花材業界久しぶりの
ヒット商品により、


市場から、
ドライフラワーや
プリザーブドフラワーなどの
小花系・グリーン系花材が
まったく無くなってしまったのです。




以前、プリザーブドフラワーが
最初に流行した時でさえ、
全国津々浦々までに
これほど早く浸透することは
ありませんでした。



それほど、簡単で、
誰にでも制作が可能というのも
魅力のひとつだったんですよね。



そして、その
ハーバリウムブームで
よく使われる花材が、
プリザーブドフラワーの
あじさいだったのです。



私たち、
「みちのくあじさいや」含め
各メーカーさんでも
品切れが相次ぎ、



マスクほどではありませんが、
買い占めや転売も
多々ありました。
 


こうなると、徐々に、
本来、手にとって頂きたい方の
お手元に届かない状態が
続くばかりか、



メーカーも無理をして
過剰な生産体制になり、



また、中国からの直輸入品や
仲介する立場の問屋さんまでもが
自社ブランドで販売しはじめ、



そして、

市場が大混乱状態になります。




現在、いわゆる
「バブルが弾けた後」の、
花材が市場にありあまるという
業界の停滞時期が長く続いています。




今回の新型コロナウイルスに関しては
仕方がないかもしれませんが、



極端な需要による
生産ラインや市場の混乱は
その後、業界に大きな
爪痕を残すので、



メディアや周りの動きに
過剰に反応せずに、
冷静に対応しなきゃと
思う今日この頃でございました。




でも、最近ちょっと
鼻がむずむずして、
もしかして、花粉症デビュー
かもしれず、


やっぱりマスクを
何が何でも
探す羽目になりそうな
あじさいやでございました・・・。



それでは、また。

今日も最後まで
読んでいただき、
ありがとうございました!




〜今日のおすすめ!〜


以前から、ご要望の多かった
ネイビーブルーのあじさいの
花びらの取扱を開始いたしました!


このあじさいは、
岩手県産の「みちのくあじさいや」
ブランドのものではありません。



みちのくあじさいやのあじさいは、
どうしても、一度脱色・漂白してからの
加工になるので、薄い色合いばかりに
なってしまっていました。


このネイビーブルーのあじさいは、
特殊な加工で、漂白の工程を省いているため
濃い色合いが可能なんですね。



その他にも、
ニュアンスカラーな
大人色のあじさい花びらも
続々発売しております。


ぜひ、ショップを
のぞいてみてくださいね。



ショップはこちら↓
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

あじさいや

ドライフラワーをはじめとした様々なお花資材を扱う自然素材専門店。プリザーブドフラワーや花器、ハサミ等の副資材、そして生花も少し扱っています。フラワーデザイナーさんや、これから作家を目指す方が楽しく充実した仕事を行えるように応援するのが目標。ちなみに、あじさいが大好きなので、あじさいのラインナップはちょっと多めです。

-あじさいどうでしょう(ブログ), 花材業界あれこれ

Copyright© あじさいや , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.